六年生を送る会

二年生での大きな行事は、これで最後となりました。六年生を送る会です。
クラスでの練習のときから、とても楽しんで取り組んできた子供たちです。やはりはじめは、自分のパートを覚えるまで上手な子を真似して練習しました。パートごとに輪になり、互いを見ながらの練習が続きました。
だんだん慣れてくると、同じリズムが何回続くのか確認して、心のなかで今何回目なのかを考えながら練習をしました。心のなかで数えるときって、子供たちは自然と目が上を向くのですね。かわいいな、と思いつつも、一生懸命やっていることがよくわかりました。
本番が近づくと、担任がたたくウッドブロックの音にあわせることを意識させました。できるだけ大きくたたくのですが、本番ではみんなの前でたたくと六年生の邪魔になってしまうので、みんなの耳が頼りでした。きっと、緊張したら、もっと速くなっていくだろうな、と予想していました。
さて、本番では、、、
よくがんばりました。練習と違って、目の前には六年生が座って見ている状況。これで緊張しないわけがありません。でもはじめの「六年生のみなさん!」のせりふを聞いて、これはきっとうまくいく。と思いました。六年生に届けとばかりに、精一杯の大きな声で台詞を言った代表のみんな。聞いているだけで、担任感動しました。
ボディパーカッションのほうはというと、ちょっとずつ速くなったかと思うと、遠くの子がウッドブロックをたたく様子を見ていて、合わせようという気持ちが伝わってきました。最後まで、うまくリズムが崩れずにいくことができました。意欲をもって挑戦し、こちらが伝えたことを、しっかりやろうとするところが、みんなの良いところだよなぁ、と感じていました。

画像1 画像1 画像2 画像2

6年生を送る会

2月28日は6年生を送る会でした。
1年生は、「こいぬのマーチ」を演奏して、お祝いの言葉を言いました。
「こいぬのマーチ」は、1回目は鍵盤ハーモニカだけの合奏、そしてお祝いの言葉を伝えて、2回目はタンバリン、大だいこ、小だいこ、バスマスター、すず、カスタネット、木きん、鉄きんも加わった合奏をしました。すばやく楽器の場所に移動できるかが注目でしたがばっちりでした。今日の練習までは、95点でしたが、本番は100点満点がもらえた素敵な出し物になりました。来週からは、入学式の練習が始まります。大忙しの1年生です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生へのプレゼント

2月28日の6年生を送る会で、1年生は、飛び出すカードをプレゼントしました。
お世話になった6年生。みんな一生懸命書いていました。喜んでくれるといいです。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

国会議事堂、江戸東京博物館、最高裁判所の見学

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
国会、江戸東京博物館、最高裁に見学へ行きました。
最後の社会科見学です。
聴き方には課題がありましたが、集団としては成長してきました。
楽しく学習できました。

薬物乱用防止教室

画像1 画像1 画像2 画像2
薬物乱用防止教室がありました。
保健で学習している内容にかかわるので、より深い理解につながりました。
視覚的にわかりやすい授業でした。

外国語活動のゲストティーチャーの出前授業!

2月6日(水)、横浜の高校の英語教師である柴崎明先生が1組、2組の授業をしてくれました。とても上手な発音で子供たちも驚いていました。パワーポイントを使用して、数、名前、日付、道案内などをわかりやすく教えてくれました。
画像1 画像1 画像2 画像2

子どもゆうびんきょくが終わりました

一週間の子どもゆうびんきょくが終わりました。ときどき、はがきの郵便番号が間違えていて困ったときもあったのですが、そういうときはちゃんと宛名を見て、仕分けをしていました。最後までしっかりと仕事をやりぬきました。
画像1 画像1 画像2 画像2

図工室より

1年生は、空き箱やカップを利用し、家や家具などを作って
「ゆめのまちさんちょうめ」を制作中です!
たくさん材料を持ち寄って
自然と班ごとのグループ活動になっていきました。

かっこいい車も上手に作れましたよ。
空き瓶を持ってきた女の子
「何に使ったらいいかなぁ…」と悩んでいましたが
「すいそうにした!」と言って見せてくれました。
子供たちからは、驚くようなアイデアが出てきてびっくりします!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

くぎ人間!

3年生では、木材とくぎで「くぎ人間」を作りました!
休み時間も続きをやりにくる子供も多く、みんな夢中でした。
楽しいだけではなく、金づちの使い方、くぎの打ち方、
くぎの大きさによる打ちやすさ・打ちにくさ、くぎの抜き方など
たくさんのことを学びました!
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第3回にこにこクラブ

2月12日は、にこにこクラブを行いました。これは、1年生と6年生が続けている交流で、今回で3回目となりました。いつも6年生に会を開いてもらっているにこにこクラブ。今回は、1年生が!ということで、生活科の「お正月遊び大会」に6年生を招待しました。当日は、こま回し、けん玉、はねつき、だるま落とし、お手玉を6年生と一緒に楽しみました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第3回にこにこクラブ2

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
お正月遊び大会は、国語の学習と平行して行っていました。6年生の担任の先生に6年生の都合を聞きに行ったり、6年生に招待状を渡しに行ったりすることを通して、大事なことを知らせるためのメモの書き方、話し方学習しました。始めの会も、終わりの会も実行委員の子たちが堂々と進めることができました。また一つ子供たちの成長を感じる行事となりました。

6年生へのプレゼント

図工では、もう少しで卒業する6年生への感謝の気持ちをこめて、プレゼント作りに取り組んでいます。まず、絵の具をカップに3色準備し、小さく折りたたんだ障子紙の角に絵の具をしみこませていきます。それをゆっくり、破けないように広げると・・・素敵な模様ができました。同じ色の絵の具を使っているのに、しみこませ方によって、全然もようが違うことに、子どもたちは驚いていました。この紙は、乾かして台紙に貼り、卒業式の台本のカバーにする予定です。六年生に喜んでもらえる作品になりそうです。

子どもゆうびんきょく

2月12日から19日までの一週間、子どもゆうびんきょくがはじまりました。これまで、郵便受けの修理やPRの練習、はがきのデザインなどいろいろな準備をしてきました。仕事は20分休みと給食準備の時間にするのですが、どの子も忘れずに、がんばって仕事をしています。中でも消印や仕分けについては、みんなはりきっているので、あっという間に終わってしまうほどです。全校の皆さんに協力してもらって、たくさんのはがきをしっかり相手まで届けたいと思います。

川口冬まつり

2月8日は川口冬まつりでした。川口ふゆまつりは、2年生から6年生までがお店を出しました。1年生は2・3時間目どちらも遊ぶことができたので、とても楽しい一日となりました。写真は、校舎内のお店での様子です。プラバン、紙粘土工作、クイズの迷路などなど♪楽しいお店がたくさんありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

子どもゆうびんきょくのお知らせ

2月12日(火)は、朝学習の時間のはじめに、子どもゆうびんきょくのお知らせに行きました。クラスで6グループに分かれて、二年生以外の学年の教室へおじゃましました。何度も教室でお知らせの練習をしてきたのですが、緊張でふるえながらもがんばって発表していました。お知らせの最後には、先生へ郵便受けやはがきを手渡しました。
画像1 画像1

川口冬まつり2

次は、体育館での様子です。ボーリングや、ストラッグアウト、フリースローなど体を動かして回るお店が多かったです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

川口コンサート

2月14日のロング昼休み。音楽室でコンサートがありました。
6年生の一部の子も出演しました。
ダンスをしたり、「パイレーツオブ・カリビアン」を演奏したりしていました。
お客さんは全学年でした。練習の成果が伝わってきました。とても上手でした。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

一年生との交流会 にこにこクラブ

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
12日(火)、一年生との交流会、「にこにこクラブ」を行いました。
第三回目です。
今回は一年生が司会、進行をしてくれました。コマ回し、けん玉、お手玉などをして仲よく遊びました。子供たちはみんな笑顔でした。

冬まつりPR集会

冬まつりの前々日と前日の二日間、全校で冬まつりPR集会が開かれました。クラスごとに自分のお店の内容を伝え、来てもらえるようにアピールしました。1組は大きな模造紙で折った様々な折り紙作品を掲げ、見ていた皆はとてもひきつけられていました。挨拶も、台詞も堂々と言えていて、感心しました。2組は、これまでいろいろな工夫をして、回しやすいびゅんびゅんごまの研究をしてきたことを劇風に発表しました。白衣を着て、ひげをつけた「びゅんびゅんごま博士」が壇上に登場。会場に笑いが起こりました。また、足や腕で回す姿を見せると「すごーい!」という声も。とてもいいPRができました。

川口冬まつり!

今年度は、2年生が初出店ということで、2学期から話し合いを進めてきた川口冬まつりです。1組は折り紙を教える『折り紙広場』、2組は、びゅんびゅんごまの作り方や遊び方をお客さんに伝える『作ってみよう、びゅんびゅんごま』を出店しました。受付、作る場所、遊ぶ場所それぞれに店員さん(子供たち)を配置しました。前日にはお客さん役と店員さん役に分かれて、教えたり誘導したりする練習をしました。でも、本番では予測できないことが起こったりするもの。お客さんがどんどん入ってきて、どこに行けばいいのか困っていたときには「こちらへどうぞ。」と言ったり「今、席が空いていませんので、いすに座っていてください。」と声をかけたりしていました。子供たちは、前半と後半に分かれて、店員さんと遊びに行く人の両方を経験しました。終わったあと、感想を聞くと「店員さんは、疲れた〜〜。」と言う子がほとんどでした。たしかに、100人近くのお客さんに教えるのは大変だったと思います。いい経験になりました。
画像1 画像1 画像2 画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

授業改善プラン (PDFファイルです)