特色ある教育活動

平成28年度は、「共生」をテーマに、自分が支えられている社会とのかかわりを理解し、命や平和の大切さを考えられる持続可能な社会の形成者としての資質や能力、態度の基礎を育てます。

体験的な問題解決学習を重視したキャリア教育を進めます。
・「ものづくり」等体験的な問題解決を行い、農作業体験や社会と関連させた学習を充実させます。
【例1】畑を活用した生産活動→調理(食育・家庭科との関連)や販売活動(金銭教育)
・多くの社会で活躍する人とのふれあいや活躍した人の学びを通して、自分の夢をもち、実現に向けての努力をしようとする向上心を養います。
【例2】地域を活用した体験・調査…仕事調べ、職場見学、お仕事博覧会、夢を語る
・情報収集や表現活動ができるようにICT活用を積極的に活用し、SNS活用等のモラルを指導します。

協調と相互理解を重視した命と平和の教育を進めます。
・八王子市非核平和都市宣言を受けて、命と平和を重視する意識を高めます。
・平和教育の理念を理解し、友達や仲間、学級の課題に暴力を排除して取り組む児童を育てます。
・オリンピックやパラリンピックに向けて、他国の伝統や文化、歴史、他国の礼儀・作法や習慣に敬意を払い、進んで平和な社会の実現に貢献することができるようにします。
・国際社会で通用するコミュニケーション能力やエチケットの基礎・基本を身に付けます。
・自国の伝統や文化、礼儀・作法や「おもてなしの心」を学び、日本に愛情をもち、その良さを発信できるようにします。
・日常的に生活安全、交通安全について「自助」「共助」の精神に基づき理解・判断ができるようにします。
・障害者福祉、高齢者福祉に目を向けた追究活動等を行い、共に生きようとする心情を育みます。