学校経営方針

平成29年度  八王子市立船田小学校  校長  澤田 純二

1 学校経営の基本理念

教職員一同力を合わせ、保護者・地域の皆様と連携し、子供たちと一緒に笑顔と活気あふれる学校をつくっていく。

2 めざす学校像

○ 児童一人一人がよさや可能性を見出し、「充実感」を実感し、生き生きと学ぶことができる安全で楽しい学校
○ 確かな学力、総合的な体力を向上させ、豊かな人間性を育み、生涯にわたって学び続けて生き抜く力を獲得させるための指導を計画的・組織的に推進する学校
○ 児童が『夢や希望』をもち、持続可能な社会の形成者としてふさわしい資質や能力を身に付けるとともに、共に生きる社会を支えようとする姿勢を育む学校

3 学校の教育目標

明るく豊かな心をもち、生命を大切にし、人間を愛する教育を基盤とした子供を育成する

◎助け合える子  ○健康な子  ○深く考え、やり通す子  ○進んで働く子

「共生」をテーマに、めざす児童像の「助け合える子」を重点とし、本校教育目標達成と児童像を目指します。

4 学校経営の基本方針

(1)確かな学力の定着

  1. 問題解決的な学習による自力解決を基本とした授業を進め、思考力・判断力・表現力、さらに創造性や課題解決能力を育てます。
  2. 基礎的・基本的な知識・技能を概念化して身に付け、定着率を高めるための指導の推進を図ります。 ・船田タイムを放課後にし、習熟や補習を児童の実態に合わせて実施し、定着率を高めます。
  3. 言語活動を重視し、思考・判断をともなう、話す・聞く・書く・読む活動から、発達段階に応じて、考えたことを伝える表現力を高めます。 ・低学年「自分の考えと比べて聞く」 ・中学年「賛成・反対の立場をはっきりしながら話を聞く」 ・高学年「建設的な話し合いができるような聞き方をする」
  4. 評価と指導の一体化による個別指導によって、基礎的・基本的な知識・技能の上で個性・能力の伸長を図ります。

(2)豊かな人間性の育成

  1. 学びに向かう力・人間性を育てます。 ・学ぶ意味が分かる、学習対象に自ら関わり「わかろうとする」「できるようになろうとする」、意見や立場の違い、物事の関係性を理解する、そのような力を育てます。 ・学習課題を意欲的に解決しようとするとともに、解決困難な時でも、そのストレスに対応する力を育て、粘り強く取り組むことができるようにします。(協働的な学び、学習者と指導者、外部指導者への礼 等)
  2. 自己肯定感を高め、他人からの賞賛や批判にさほど左右されず感情が安定していて、困難に出会っても粘り強く努力する児童を育てます。
  3. 人権尊重教育を推進し、人と人との繋がりから人権問題の解決に向けて行動しようとする児童を育てます。
  4. 道徳的価値との関わりの中で自己の生き方を考えさせる道徳教育を全教育課程で行っていきます。
  5. 勤労の意義や社会福祉の精神、相互に支え合う社会づくりのための権利と義務を学び、社会の一員として相応しい資質を身に付けていきます。
  6. 校内委員会を中心とした教育相談及び特別支援教育を充実させます。

(3)総合的な体力の向上

  1. 一人一人の児童に適した日常的体力づくりに意欲的に取り組めるようにする。 ・健康診断及び新体力テストの結果分析 → 児童が自らの課題を設定 ・体育科授業のめあてに合った準備運動等 ・集団行動(整列・行進) ・元気timeの工夫 ・休み時間の活用 ・クラス遊びの碑など
  2. 保健指導・体力向上・食育等、総合的に健康教育を推進することで、生涯にわたり心身共に健康な生活を送るための基礎を培う。 ・保健指導 ・食育指導 ・性教育、薬物乱用防止教育、喫煙防止教育等 ・学校保健委員会

(4)生き抜く力の獲得

  1. 生涯にわたって学ぶ意欲と基礎的基本的な学力、適正な自己評価の能力と学習習慣を身に付けます。
  2. コミュニケーション力を高めるとともに、成功体験による自己肯定感を高めます。
  3. たてわり活動を重視し、より良い人間関係を築く力やリーダーシップ、フォロアーシップを育てます。
  4. 勤労意欲をもち、健康でゆとりある生活を送ることができるよう、生活スキルを身に付けさせます。
  5. 災害発生時に児童が「自助」「共助」の精神に基づき適切に行動できるように安全教育を推進します。
  6. 地域に対する愛着や愛情を育て、地域を支える一員となる資質と能力、態度を育てます。 ・市制100周年を記念して、各学年の学習過程に取り組みを位置づけ、八王子市や地域のよさを学び、発信できる児童を育てます。 ・小中一貫の日を年間3回実施し、学力向上に向けた系統的な指導を推進します。 ・保幼小連携の日を年間3回実施し、学びの円滑な接続が図れるようにします。

(5)特色ある教育活動の推進 「共生」をテーマに、自分が支えられている社会との関わりを理解し、命や平和の大切さを考えられる持続可能な社会の形成者としての資質や能力、態度の基礎を育てる。

  1. 体験的な問題解決学習を重視したキャリア教育
  2. 協調と相互理解を重視した命と平和の教育

(6)目指す教師像

  1. 児童の成長の視点をもって判断し、創造性豊かに挑戦し続ける教員を育てる。
  2. 規範意識をもち、資質向上に努め、組織の一員として学校経営に参画する教員を育てる。
  3. 不断の研究・研修を通して資質向上に努める。
  4. 教育公務員としての職責を自覚し、結果と説明責任を果たす。
  5. 組織の一員として力を合わせて学校経営に参画する。
  6. 報告・連絡・相談を徹底するとともに、服務事故0を目指す。

(7)学校運営

  1. 「児童の安全を確保し、質の高い教育環境を整える。
  2. 危機管理体制を継続するとともに、施設・設備の補修、美化を進め、児童・保護者が安心できる学校環境を整える。
  3. 児童が集中して授業に取り組める学校環境・教室環境を整える。