車椅子バスケットボール

画像1 画像1 画像2 画像2
今日、元パラリンピアンの三宅克己選手を迎え、車椅子バスケットボールの学習をしました。1〜3年生は車椅子体験をし、4〜6年生はゲーム体験をしました。車椅子を巧みに操り、ボールをコントロールするのはとても難しく、いとも簡単に動き回る選手の凄さに、誰もが歓声を上げていました。
学習会の最後には、三宅選手からこんな言葉を伝えていただきました。
「物事ができる、できないを決めるのは、他人ではなくて自分です。人はものすごいことができます。パラリンピックで大切にしている言葉は、『失ったものを悲しむのではなくて、残ったものを生かすこと』です。」
これを語る選手の真剣な表情に、子供たちはひき付けられていました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31