「生徒の皆さんへ」 第2学年 村松諭

 過去に例を見ない日々、そして臨時休業日の終わりが見えにくい現状の中で、皆さんが自分自身と真剣に向き合いながら生活していると思う。

 連日のように報道されている「新型コロナウイルス感染症」に関するニュース。過去の歴史にもあるように、社会の根底を揺るがす大きな感染症や病気があるたびに、人間は生きる知恵を振り絞りながら、「命」を守るために精一杯対応し、乗り越えてきた。

 もちろん、今回の新型コロナウイルス感染症に対しても世界中の人びとが「一丸」となってこの病に立ち向かい、尊い命を守るために懸命に対処してきた。私たち日本でもそうである。特に医療関係に従事された方々の役割は非常に大きく、「かけがえのない命」を身を挺して守ってくださった。私たちは真っ先に感謝しなければならないと強く実感させられた。

 この休業中の生活から改めて思い知らされることがあった。それは「絆」である。よく、人は1人では生きていけないというフレーズを耳にする。まさにそれを考えさせられた。特に日本で新型コロナウイルスに感染された患者の方に命がけで対応される医師や看護師の方、国や都道府県から出された外出自粛要請を忠実に守り、感染拡大を防ぐことに協力した私たち日本国民、世界各国で取り組まれた生活物資や医薬品の支援や医療へのボランティア貢献などなど、数々の人間の協力があったからこそ今の私たちが存在している。

 そして何より生徒の皆さんに伝えたいのが「家族の絆」だ。皆さんはこの休業中、学習に自身の健康維持に、家庭のお手伝いに真摯に向き合ってきたはずだ。しかし、皆さん以上に皆さんのために親身になって皆さんの事を守ってくれたのは「保護者の方」である。一人一人大切な存在である皆さんのことを、保護者の方は真剣に考え、常に日々の生活を支えてくれたはずだ。それをもう一度よく思い返してほしい。そして照れくさくても心の底から一言、「ありがとう」の言葉を保護者の方へ伝えてほしい。

 一方で、私自身も皆さんに伝えたいことがある。それはやはり「ありがとう」である。教員として初めて、この国難ともいうべき社会情勢の中で勤務している今、改めて学校は、皆さんの存在があってこそ成り立っている。生徒の皆さんがいなければ、勉強も行事も部活動も成り立たないのである。この思いはとても感慨深い。一教員として私は皆さんとともに令和2年度を共に過ごし、ともに成長していきたいと強く感じた。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お知らせ

配布文書

学校経営

学校だより