「生徒の皆さんへ」 第1学年 森永伊聡

 この4月から第七中学校で美術を教えることになりました森永です。よろしくお願いします。

 緊急事態宣言が発令され、休業は延長、「不要不急の外出は控えて」と言われ、中々外出も気軽にできない。そんな日々が続いているかと思います。

 ずっと家に閉じこもっているとストレスもたまりますし、1人で長時間学習していると集中力も続きません。テレビでニュース番組を見ていると、ゲームですら飽きてきて、本当にやることがない……という状況もあるようです。

 屋外で体を動かすことや、散歩することは禁止されていませんので、たまには家の外に出て気持ちを切り替えましょう。

 私からは、散歩で気分をリフレッシュさせる時のコツをお伝えしようと思います。

 私の教科は美術ですが、美術で大切なのは「観察」「気付き」「発見」です。道具の使い方やテクニック(スケッチや着色、粘土をこねたり木を彫ったり……)ももちろん大事なのですが、実は「今まで気づかなかった世界の美しさに気づいた、これを表現してみたい!」という気持ちこそが、一番大切なのです。

 散歩はこの「気づき」を得るためにとてもよい方法です。

 しかし、ただぼ〜っと歩いているだけではなかなか「発見」=「新しい気づき」には出会えないものです。少しコツが必要です。

その1:いつもと違った○○に
 いつもと違った「時間」に散歩をしてみましょう。朝早く起きてみたり、夕暮れどきに歩いてみたり。朝焼けや夕焼けに照らされた景色は、それだけでいつもと違って見えるものです。(ただし、家族に声をかけて出かけ、門限は守りましょう!)
 いつもと違った「天気」に散歩をしてみましょう。あえて雨の日に、傘をさして。水にぬれた景色は、それだけでいつもと違って見えるものです。

その2:見る場所を決める
 「上を向いて」歩いてみましょう。雲の形、大きさ、雲はどのくらいの速さで流されるのか。空の色、街路樹の葉っぱ、屋根の形は? 鳥が飛ぶのも見えるかもしれません。早朝や夜なら月や星も見えます。今は夜の7〜8時頃に、金星や冬の大三角形がよく見えます。朝4時頃なら、木星や土星が見えます。
 「下を向いて」歩いてみましょう。季節は春、足元に野の花がたくさん咲いています。せっかくなので、花を見つけたらしゃがんで観察してみましょう。
 ご近所の家の「庭」を見てみましょう。きれいに手入れされた庭には、季節の花がその人の美意識で植えられているものです。
 ただし、車や他の通行者に気をつけて、事故に遭ったりぶつかったりしないように……。不審に思われないよう、ご近所の人にはあいさつをしましょう。

 時間はたっぷりあります。毎日違う発見をするつもりで歩いてみましょう。

写真はいずれも校長
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お知らせ

配布文書

学校経営

学校だより