修了式

 3月24日(金)、修了式を行いました。
 式の冒頭で校長が、今年度の全課程を修了した証としての修了証を1・2年生の代表生徒に渡しました。
 続いて校長講話。生徒にはみな無限の未来と可能性があること、それは実現可能なものであること、ただし、そのためには努力が必要であり自分を見つめ自分のよさを伸ばし課題を改善するために何をすべきかを考えることが大切であること、進級する今の時期に必ずそれをやっておくこと、という話がありました。
 次に生徒を代表して壇上に立った生徒会長も、立ち止まって自分を考えることの大切さについて話しました。

 短い時間でしたが、ピンとした緊張感の中厳かに行われた修了式でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第56回卒業式

 3月17日(金)、卒業式が終了し、第3学年の生徒174人が本校を巣立っていきました。
 温かく、そして感動的な式でした。
 巣立っていった174人の生徒たちの未来が、幸多きものとなることを教職員一同祈念しています。
 本校にお力添えくださった地域や保護者の皆様に、感謝申し上げます。

校長式辞(要旨)
 丘の上を吹く風も、日に日に柔らかさを増し、花も木も、新しい命を芽吹き始めました。
 そんな今日のこのよき日に、平成28年度八王子市立第七中学校第56回卒業式を挙行するに当たり、八王子市○○○○課長、青少年対策第七地区委員会会長○○○○様をはじめ、多くのご来賓の皆様のご臨席を賜りましたことを、高い所から失礼ではございますが、厚く御礼申し上げます。
 そして、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。9年間の義務教育を終え、その証としての卒業証書を手にしたお子様の姿に、これまで15年間の様々な場面や思いが浮かび、そのお喜びはいかばかりかと存じます。3年間にわたり、本校の教育にご理解・ご協力を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。
 さて、卒業生の皆さん、今、あなたたちの心にはどのような思いがありますか。卒業の実感がまだ湧かないという人もいるかもしれません。しかし、2時間の後には、確実に3年生全員が巣立ちのときを迎えています。第七中学校というこの空間にこの顔ぶれでいられる時間は、本当に残り少なになりました。
 9年間の義務教育を終えた今日の門出に当たり、思いを3点伝えます。
 1点目は感謝、私たち第七中学校の教職員から、あなたたちへの「ありがとう」という気持ちです。
 私は3年生とはわずか1年間の関わりでしたが、その短い期間であっても多くの場面が浮かんできます。特に体育祭での一所懸命な顔、京都・奈良の班行動中の真剣な表情、合唱コンクールで見せた仲間と心を一つにして歌う姿。自慢の七中生、そんな中でお手本の3年生という言葉を何度となく言いましたが、まさにそのとおり。あなたたちは常に熱く、そして一所懸命で輝いていました。そんなあなたたちと日々学校で過ごせることが、私たちにとっても幸せでした。あなたたちに会えてよかった。あなたたちが七中生でよかった。ありがとう。
 2点目は、そんなあなたたちの一人一人は、世界でたった一人のとても尊い存在だということです。
 あなたは、日本で言えば1億2〜3千万分の1、世界で言えば70数億分の1の存在でしかありません。しかしあなたは、この地球上にたった一人。あなたに替わることのできる人はどこにもいません。家族にとって、そして友達や私たち教職員にとっても、あなたはかけがえのない大切な存在です。自分自身を、そしてあなたの命を、ずっと大切にしてください。
 3点目は、あなたにしかできないことがあるということです。将来、あなたを必要とする団体や組織などいわゆる社会が必ずあります。そしてあなたとの出会いを待っている人が絶対にいます。
 そのような未来のために、自分のいいところを見付け、それを伸ばし、あなたらしさを磨いてください。その先に、あなたしかできないことがあります。必ずあります。
 伝えたい思いはまだありますが、以上3点を心に刻んでください。
 これからのあなたたちは、真の大人へとさらに成長を続けます。その途上には困難もあるでしょう。挫折や絶望を味わうことがあるかもしれません。しかし、どんなことがあっても、一歩でも、いえ、半歩でもいい、格好悪くてもいいから、決してあきらめず前に進んでください。あなたを必要としている人のために。何よりあなた自身のために。もし、前に進めた喜びを誰かに伝えたくなったら、また、困難に立ち上がれなくなりそうになったら、いつでも帰ってらっしゃい、あなたたちの故郷であるこの第七中学校に。
 卒業、おめでとう。夢と希望をもち大きく羽ばたいてください。
 これからもあなたたちを見守り、応援し続けることを約束して、校長式辞といたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式予行

画像1 画像1
 昨日15日(水)、3・4校時に卒業式の予行を行いました。
 緊張感あふれる空気の中、卒業する3年生はもちろん、送る側の1・2年生もまじめにしっかりと取り組んでいました。
 明日が期待できます。

三送会

 3月7日(火)5・6校時に三送会を行いました。
 卒業まであと10日となった3年生に、1・2生が感謝の気持ちを送るという会のねらいのとおり、心温まる会となりました。
 次第は次のとおりです。
 
1 校長挨拶
2 はじめの言葉(生徒会代表 写真1枚目)
3 吹奏楽部の演奏(写真2枚目)
4 3年間の思い出(スライドショー)
5 全校合唱
6 お礼の言葉(3年生代表 写真3枚目)

 これでお開き、となったはずが、この後、先生バンドによるライブがあり、盛り上がって終了しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年生特別授業

 卒業が間近に迫った3年生は、9年間の義務教育の総仕上げとして様々な授業を行っています。
 3月6日(月)には、3・4校時に心肺蘇生法、5・6校時には情報モラルについて、それぞれ講習を受けました。
 心肺蘇生法講習会(写真1枚目)には、複数の救命救急士に来ていただきました。「私たちには命を救えなかった経験がたくさんある。そのたびにもどかしさややりきれなさを感じた。私たちは現場に着くまで何もできない。それまでの間に、救命救急の処置を施してくれる人がいるかどうかにかかっている。あなたたちにそういう人になってほしい。」との言葉が響きました。
 また、情報モラル講習会(写真2枚目)では、LINE株式会社のオフィシャルインストラクターに来ていただき、ネットモラルや利用上の注意はもちろんですが、それ以上に人とのコミュニケーションの適切な取り方について教わりました。

 翌7日(火)は、3・4校時に八王子お手玉の会の方たちに来ていただき(写真3枚目)、日本の伝統文化の一つであるお手玉について様々学ぶとともに、学んだことを自分たちが伝承する意識をもつ場としました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

吹奏楽部が「中学生社会福祉意見発表大会」で演奏

 3月4日(土)午後、いちょうホールで行われた「第17回中学生社会福祉意見発表大会」で、本校吹奏楽部が演奏を披露しました。
 この会は、社会福祉について書かれた数多くの応募作品の中から、予備審査で10点が選ばれ、その作文を書いた中学生が本大会で発表するというもので、福祉について改めて考えさせる素晴らしい内容のものばかりでした。
 吹奏楽部の演奏は、10人の意見発表の終わった後。アンコールを含め次の6曲を披露しました。

スターウォーズのテーマ
Under the Sea
星に願いを
アロハ・エ・コモ・マイ
瑠璃色の地球(合唱)
ウィーアー(アンコール)

 演奏が終わると、来賓の石森市長や安間教育長をはじめ、会場にいた大勢の方たちから熱い拍手をいただきました。特に安間教育長は感激の涙を流されていました。

 会の最後、意見発表者への表彰が行われる中、本校吹奏楽部も感謝状をいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2

文化祭・展示発表会

 3月4日(土)、文化祭の展示部門として展示発表会を行いました。
 当日は、1年生8:25、2年生9:35、3年生10:45と時差登校にし、一つの学年がゆっくりじっくり展示物を見学できるようにしました。
 与えられた見学時間を持て余し気味の生徒が一部いましたが、全体的には時間が不足するぐらい丁寧に作品を見て、それを鑑賞カードに細かく書いている生徒がほとんどでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ミニ防災訓練

画像1 画像1 画像2 画像2
 2月18日(土)午後1時から、保護者及び地域の方々と共にミニ防災訓練を行いました。
 最初は参会者に教室にお集まりいただき、校長が発災時の学校と地域の役割について話すとともに副校長が避難所としての第七中学校の現状について細かに説明しました。そしてそれを踏まえて意見交換。地域の方たちからたくさん意見が出され、課題も明らかになりました。
 次に体育館に場所を移し、災害備蓄倉庫を見学、状況を共有しました。

 来年度は、さらに規模を拡大し、防災や発災時の対応について、地域と共に考えてまいります。

オリンピック・パラリンピック講演会

 2月14日(火)5・6校時、本校のオリンピック・パラリンピック教育の一環として、講演会を行いました。
 講師としてお招きしたのは、シンクロナイズドスイミング日本代表チームの一員としてロンドン五輪で5位入賞を果たしたのをはじめ、世界水泳選手権大会、アジア選手権大会、日本選手権水泳競技大会等で常に好成績を収めた足立夢実(あだちゆみ)さん。現在監督を務める国士舘大学シンクロナイズドスイミング部の学生さん二人を伴い、来校してくれました。
 第1部は、「シンクロナイズドスイミングについて知る」。
 足立監督が用意した映像を見ながら、シンクロナイズドスイミングについての理解を深めました。
 第2部は、「実演を見る、体験する」。
 冬場でプールが使えないことから、体育館内でできるトレーニングを見せていただきました(写真1枚目)が、大学生の現役選手がマット上で柔軟体操を始めたとたん、彼女たちの身体のあまりの柔らかさと動きのしなやかさに、生徒たちから驚きの声が漏れました。続いていくつかのトレーニングを見せてもらった後、代表生徒の体験(写真2枚目)。わずかな時間で確実に身体が柔らかくなることを目の当たりにし、生徒は驚いていました。
 第3部は、「オリンピアンの講演を聞く」。
 3歳で水泳を始めて以降、挫折や成功を繰り返したという足立監督ご自身のこれまでを振り返りながら、その時々でどのように思いどう乗り越えてきたかを話されました。その中で強調された次の2点は、生徒の心に特に響いたことと思います。
・オリンピック出場といった大志は抱いてなかった。目の前にある一つ一つの小さな目標を達成するために精いっぱい努力をしてきたこと、これの積み重ねが日本代表としてオリンピック出場につながった。
・シンクロナイズドスイミングの選手の中では身長が低い方で、これだけは努力でどうなるものでもなかった。身長165cm以上、これに及ばない者は1cmにつきマイナス1点との基準がある代表選手選考会では、常に−6点からのスタートだった。しかし、小柄で身軽なことで選手にとって花形といえるジャンプの役割を担えた。自分にとっての弱みは、努力によって大きな強みにできる。
 体育館内がシーンと静まり返る中、足立監督の講演は終了、生徒会長のお礼の言葉(写真3枚目)で講演会の幕を閉じました。生徒会長の言葉も素晴らしいものでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第3回小中一貫教育の日

 2月8日(水)午後、今年度3回目となる小中一貫教育の取組を本校で行いました。
 最初は授業公開。本校の全学級の授業を、第五、第七、山田の3小学校の教職員が見て回りました。かつてお世話になった小学校の先生の視線を受け、ある生徒はふだんよりもにこやかに、またある生徒はいつも以上にまじめにといったように、生徒たちは様々な表情で授業を受けていました。
 生徒が下校した後、4校の教員はまず「学校行事」「学習」「生活」「特別支援」「校内研修」「キャリア教育」「児童・生徒会交流」「体力向上」といった教育課題に基づく8のグループに分かれて話し合いを行い、次に教科ごとに分かれ協議を行いました。
 最後は、全員が体育館に集まり、各分科会で協議された内容を発表し合い共有しました。
 義務教育9年間を見通した教育の実践に向け、さらに一歩前進となる有意義な会でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

緊急安全点検・指導

 すでに報道等でご存じとは思いますが、他県の学校内で児童・生徒が死亡する事故が相次いで発生しました。
 1件は、福岡県の小学校でサッカーの授業中、4年生の男子児童が倒れたゴールの下敷きになり搬送先の病院で死亡したもの。もう1件は、神奈川県の中学校で中学3年生の男子生徒が屋上から転落し、翌日搬送先の病院で死亡したというものです。
 朝、いつものように「行ってきます」と家を出たときには、このようなことが起こるなど本人も家族も予想だにしなかったでしょう。亡くなった2人のご冥福を祈るとともに、ご遺族に対し心からお悔やみ申し上げます。

 さて、この事故を踏まえ、本校では次の対応を行いました。

○ 福岡の小学校の死亡事故後
 ・全教職員による校内の安全点検
 ・生徒への安全指導(学級担任が各学級で、生活指導主任が学校朝会及び昼休みの放送で)

○ 神奈川の中学校の死亡事故後
 ・教職員による屋上周辺の安全点検
 ・生徒への注意喚起(避難訓練時)

 安全点検の結果、特に問題となる箇所はありませんでした。ただし、本校では、授業や部活動に応じ校庭を多様なレイアウトで使用するため、ゴール類の安全対策については、杭止めは行わず転倒防止の重しを載せる方法をとっております。
 したがって、ゴール類の移動を行った際は必ず重しを載せたことを確認するとともに、重しが載った状態になっているかどうかの点検を定期的に行うことをより一層徹底してまいります。
画像1 画像1 画像2 画像2

3学期始業式

 穏やかな天気の中、3学期がスタートしました。
 始業式では校長から、次のような話がありました。
 2学期の終業式で、自分のいい面をさらに伸ばすとともに課題を克服するために、新年を迎える節目に、これまでを振り返り、その上で新たな目標を立てようと話しましたが、そのとおりできましたか。できていないという人は今からでも遅くありません。すぐにやりましょう。また、すでに決めた人は、順調に進んでいますか。
 私はこの冬休みをどう過ごすか目標を考えましたが、思っていたことのうち、できたと言えるのは70%ぐらいだったと思います。たいていはそういうものでなかなか100%にはなりません。しかし、目標を決め計画を立てたから、70%くらいだったとか、何が不十分だったかが分かるわけです。
 3年生は自分の進路決定の時期を迎えました。また、4月から2年生は最上級生に、1年生は先輩と呼ばれる立場にそれぞれなります。新しい年度のスタートが確かなものとなるよう、そのための準備期間である3学期をしっかりやっていきましょう。そのために、改めて今学期の目標を立て、それを実現するために何をすればいいかを具体的に考えましょう。
 さて、私は、野口聡一さんと、彼と一緒にスペースシャトルで宇宙に行った宇宙飛行士の話を聞く機会に恵まれました。驚いたのは全員が「宇宙に行くことに不安や怖さはなかった」「楽しみだった」と話したことです。なぜかというと、一言で言えば準備万端。「やるべきことを全てやった。あとは実行するだけ。」という手ごたえがが自信となり、早く自分の力を試したいとの気持ちにさせたのだそうです。皆さんにも新年度を迎えたときにこのように思ってほしい。
 また、このとき野口さんの言った言葉が強く印象に残っています。
 「夢は見るものではなくかなえるもの。できるわけないと思うとそれは夢のままで終わってしまう。」「しかし、それをかなえようと真剣に考えだすと、夢は目標になる。そして目標に向かってあきらめずに努力を続ければ、夢は近くまでやってくる。」
 3学期のスタートを切るに当たり、この言葉を皆さんにおくります。

始業式早朝の富士山(1・2号館3階の渡り廊下より)あいさつする校長、生活指導主任
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月24日二学期終業式

 2学期の終業式から、本校でも校歌をアカペラではなく、伴奏付で斉唱するようにしました。2年生の指揮者、伴奏者のデビューとなりました。
 校長からは、この2学期、生徒それぞれが、しっかり生活して着実な成果を挙げてきていることを通知表の所見から多く読み取ることができて良かったと思う反面、テレビや新聞での報道で「福島県から避難してきた児童・生徒がいじめにあっていた」という事実を例に、自分自身の中にもう一人の自分を作り、常に「これでいいのだろうか?」と自問すること。また、相手の気持ちを考えてみること。この2つを大切にし、これから成長するためには、今、何をやらねばならないか? 真に考える冬休みにしてほしい。そして3学期の始業式では全員が元気にそろってほしいと結びました。
 生徒会長からは、1年生は福祉体験、2年生は職場体験、3年生は修学旅行でそれぞれ成果を挙げました。合唱コンクールではどのクラスも、一生懸命に取り組むことのすばらしさを実感し、クラスの絆を深めることができた2学期でしたと総括しました。
 阿部生活指導主任から、始業式で注意した「あいさつをしよう」が少しずつ浸透してきているが、親しい人だけでなく、PTAの方々、清掃をはじめとする業者の方々など、学校を支えてくれる人への「あいさつ」を意識してやっていきましょう。

 2016年から2017年へのバトンタッチももうすぐです。健康には十分留意されよい年を迎えてください。始業式は1月10日(火) 登校は8時25分です。

写真は今朝の富士山(4階理科室より) 校歌の指揮者黒崎さん、生徒会長川崎さん
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月24日終業式

終業式での表彰風景

 税の作文コンクール入賞者 当日、雪のため表彰式そのものが中止となってしまいました。改めて、3年生、平原さん、五十嵐君に賞状をお渡ししました。
 ボーイスカウト、ナイトハイクで第1位 三澤君・堀本君のペア
 青少対標語コンクール 入賞者 2年黒崎さん、1年杉本君、澤本さん
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

大掃除

画像1 画像1 画像2 画像2
 長かった2学期もあと終業式を残すのみとなりました。

 約4か月間たまったほこりや汚れを落とし、新年、そして3学期を気持ちよく迎えるために、全校生徒で大掃除をしました。

 なかには口ばかり動いている生徒もいましたが、ほとんどの生徒はよく取り組んでいました。

福祉体験

 11月25日(金)、第1学年の生徒は、2〜6人の36グループに分かれ、朝から1日それぞれの施設で貴重な福祉の体験をしました。
 その目的は、「地域で働く人々との人間的な交流を通して、豊かな人間性を育む」、「社会人としての礼儀やマナーの大切さを理解し、身に付ける」、「障害のある方、高齢の方、乳幼児の方と共に作る社会について考え、お互いの生き方を尊重し、共に生きる力を養う」の3点です。
 6月中旬のオリエンテーションから始まり、福祉体験ノート作り、特別支援学校の先生の講話、事前訪問等、様々な準備や学習を積み重ねてきました。
 今日の訪問では、日頃あまり接することのない人との交流や共同の作業に緊張したり戸惑ったりもしていましたが、一所懸命行えました。
 この後、訪問した事業所等にお礼の手紙を書くとともに、これまでの学習の成果を新聞にまとめます。

 受け入れてくださった各事業所等の皆様、また、本日各事業所を巡回し生徒の様子を見守ってくださった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

◎ご協力くださった事業所等(敬称略、順不同)
八王子うらら会うらら長沼、由井さゆり保育園、浅川苑(*)、八王子共励保育園、まゆだま、東京光の家、ハイネス憩いの丘、特別養護老人ホーム福寿園、偕楽園ホーム、浅川保育園、介護老人保健施設カトレア、八王子高齢者在宅サービスセンター石川、東京都多摩障害者スポーツセンター、ファミリーマイホームデイサービスセンター、介護老人保健施設ゆうむ、東京都八王子福祉園、清明園、特別養護老人ホーム絹の道、白百合寺田保育園、諏訪ノ森、エンジェルコート、第二高尾青年の家、藍の会、諏訪保育園、八王子ふたば保育園、ニチイケアセンター西八王子デイサービス、ウェルハイム八王子、多摩文化保育園、ひだまりの家、藤井保育園、光明第五保育園、島田療育センター八王子、八王子福祉作業所、光明第一保育園、特別養護老人ホーム八王子心成苑、千人保育園、白百合椚田保育園 *浅川苑は11/25を除く。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

留学生が先生

 11月24日(木)、第2学年では、5、6校時の総合的な学習の時間に「留学生が先生」という授業を行いました。
 授業はその名のとおり、日本に留学している学生にそれぞれの母国についての様々な話を聞かせていただくというもの。アゼルバイジャン、ウズベキスタン、韓国、イラン、ベルギーの5か国の留学生が来てくださいました。
 留学生は多数の学校で同様の授業を行った経験があるそうで、用意してきた図や写真に地図や黒板をうまく使って、生徒の興味・関心を引き出す授業を行ってくれました。どの留学生も日本語がとても上手だったのは驚きでした。
 生徒も、これまでの授業で留学生の母国についてかなり調べてあり、質問にすぐ答えが返ってくることに留学生は驚いていました。
 この後、生徒は、授業の振り返りを行う際に、留学生にお礼の手紙を書くことになっています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

祝!野球部、都秋季大会準優勝!

 11月23日(祝)、上柚木公園野球場で行われた「第69回 東京都中学校野球秋季大会」準決勝で、本校野球部は、荏原第一中学校を接戦の末2−1で下し、決勝戦へと駒を進めました。
 同日午後行われた決勝戦では、強豪駿台学園と対戦。押され気味の展開を粘ったものの少しずつ点を重ねられ、終盤大量得点を許し、6回、大会規定により11−0のコールドで敗戦しました。
 決勝で敗れたとはいえ、準優勝。東京都で第2位という成績は立派なもの、第七中の誇りです。
 決勝戦終了後行われた表彰での姿も立派でした。
 春季大会での活躍を期待します。

☆東京都中学校野球秋季大会での戦績
1回戦:対奥戸中(葛飾)、2−0で勝利
2回戦:対東海大菅生中(あきる野)、2−0で勝利
3回戦:対桐朋中(国立)、7−0(5回コールド)で勝利
準決勝:対荏原一中(品川)、2−1で勝利
決 勝:対駿台学園(北)、0−11(6回コールド)で敗退
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青少年育成環境一斉クリーン活動

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 11月13日(日)、青少年対策第七地区委員会が主催する「青少年育成環境一斉クリーン活動」が行われ、本校からはPTA本部役員をはじめとする保護者の方、生徒、教職員が参加しました。
 活動は午前9時30分から。西八王子駅南口(生徒は本校)に集合し、方面別に分かれて道路等に落ちるごみを拾いました。約1時間で拾ったごみはかなりの量。圧倒的に多かったのはたばこの吸い殻でした。
 また、クリーン活動が終わった後、青少年の健全育成に関する市民の意識啓発や青少年対策委員会の活動のPRを目的に、キャンペーンとして参加者全員で道行く人に応急絆創膏を配りました。
 この活動に参加し、こういった活動が街を美しく保っていること、それでもかなりの量のごみが落ちていることを実感するとともに、自らはごみを捨てない・落とさないようにしようと改めて決意しました。
 地味ながらとても大切な取組です。参加することで感じることや学ぶことも多々あります。今回は定期テスト前ということもあり、生徒の参加は少なかったですが、次回はより多くの生徒が参加することを願います。

 参加してくださったPTA本部役員をはじめとする保護者の皆様、お疲れ様でした。

本校の地域運営学校化に向けた市教育委員会のヒアリングがありました

画像1 画像1
 11月11日(金)、地域運営学校化に向け「学校運営協議会」の設置を申請している本校への八王子市教育委員会のヒアリングがあり、校長が出席してきました。

 地域運営学校(国は「コミュニティ・スクール」と呼んでいる)とは、家庭や地域の力で学校をよりよくするために、保護者や地域の皆さんの意見を学校運営に反映させ、学校・家庭・地域の三者が一体となってつくっていく「地域とともにある、特色ある学校」のことです。そしてその理念を実現するために、保護者や地域住民などから構成される学校運営協議会を設け、学校運営の基本方針を承認したり、教育活動などについて意見を述べるといった取組を行っていただきます。

 少子化・核家族化・機械化等によるコミュニケーション不足という深刻な状況にある今の生徒たちに、生きる力の基盤となるコミュニケーション能力を育んでいくことは、学校の大きな課題の一つです。また、社会コミュニティの崩壊や希薄化が進む一方で平均寿命が伸びているという現状の中、市民一人一人が生涯にわたり張り合いや生きがいをもって暮らせる社会の実現は、公立学校を含む行政に課せられた使命です。
 そこで本校では、学校教育に地域の方たちが加わっていただくことで、生徒に多様な人たちとの関わりをもたせるとともに、地域の方たちにとってはこうした学校への支援や生徒たちとの関わりが張り合いややりがい、生きがいになることを理想とし、その取組について構想を描いているところです。現在、地域人材の学校支援と会議日等に実施する地域放課後クラブ活動を2本の柱として、具体的な中身を検討しています。詳細は添付の図をご覧ください。
 なお、以上の検討は、従前より設置していた学校評議員会を準備委員会と位置付け、校長の示した原案についてご審議いただいています。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
4/3 準備出勤
4/4 準備出勤
4/5 準備出勤
4/6 始業式

お知らせ

配布文書

学校経営

教育課程

学力向上・学習状況改善計画

年間予定表

学校だより