1月31日(金曜日)の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
【こんだて】
・ミルクパン
・レバーケーゼ
・ザワークラウト
・アイントップフ
・ぎゅうにゅう

『東京2020』に向けた八王子市の給食のプロジェクト!
東京オリンピック・パラリンピック開催まで、毎月の給食で、体力アップのための食事を学び、世界の食文化を体験する給食を提供します。
今月は、1936年第11回、1972年第20回開催国「ドイツ」の食文化を体験します!
『レバーケーゼ』
ソーセージの一種です。腸詰めではなく、長方形の型に入れて焼きます。
「ケーゼ」は「チーズ」のことですが、レバーもチーズも入っていません。昔はレバーを入れていたことと、チーズの塊に形が似ていることから、名前がついたそうです。

『アイントップフ』
ドイツ語で「ひとつの鍋」という意味で、肉と野菜をひとつの鍋でコトコト煮込んだスープです。

『ザワークラウト』
「すっぱいキャベツ」という意味で、キャベツを乳酸発酵させた漬物です。ドイツには、「フィルダークラウト」という専用のキャベツが売られています。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30