チャレンジ学級

チャレンジ学級では児童の課題を明確にし、「個別指導計画」を作成して、少人数・個別指導を中心に指導を行います。静かで落ち着いて学習できる環境を整え、状態の改善を図りながら児童本来の力が発揮できるように授業を計画しています。

(指導のねらい)

(1)朝の会  ・話をよく聞く習慣を身に付け、目的に応じた行動ができるようにする。   ・基本的な授業態度を身に付ける。(着席、注目、指示に従う、待つ等)   ・一日の予定を知り、見通しをもって活動できるようにする。 ・言語活動を通して、コミュニケーション能力の向上を図る。

  (2)運動学習    ・小集団場面における学習態度の確立を図る。(集合・整列・順番・待つ等)   ・運動機能の向上と体力向上を図る。 ・心身の適応と対人関係の発達・改善を促す。   ・助言や補助を求めたり、指示やアドバイスを受け入れたりすることができるようにする。

(3)自立活動作業学習 〈図画工作〉 ・表現することの楽しさを知ることができる。 ・見通しをもって作業することができる。 ・助言を受け入れたり助けを求めたりすることができる。 ・感情のコントロールをすることができる。 ・手指の巧緻性や協応動作の力を高めることができる。 ・道具の正しい使い方を知る。 ・友だちの作品を鑑賞し、良さを見つける。 〈調理実習〉 ・指示に従って行動することができる。 ・見通しをもって作業することができる。 ・作り方表に従って作業することができる。・簡単な作業の手順を自分で組み立てて、取り組むことができる。 ・友達と役割を分担し、交代したり、協力したりして作業することができる。 ・安全面、衛生面に気を付けて作業することができる。

(4)チャレンジタイム(ソーシャルスキル・コミュニケーション)  ・集団場所における学習態度の確立を図る。  ・意思の伝達能力の向上を図る。  ・感情のコントロールと対人関係の発達・改善を促す。  ・問題解決能力の向上を図る。  ・日常生活に必要な事柄や知識を身に付ける。