地域の風が行き交う学校 コミュニティ・スクール 弐分方小学校

終業式

終業式は儀式です。
儀式というのは「目的にそった決まったやり方で行う行事」ということです。
今日は終業式だったので子供たちに、「儀式」について話しました。
儀式で大切なのは「礼節」です。「礼儀」と「節度」ということです。
「礼儀」は姿勢など相手を不愉快にさせない態度のことです。話している人の方を
向いてきちんと受け止めようという姿勢を見せたり、丁寧に礼をしたりすることです。

「節度」はちょうどいい程度の行動ということです。がちがちに固まる必要はなく、かといって調子に乗ってふざけることもないというように、答えはありません。その場の大事な雰囲気を壊さない、これも周りを嫌な気持ちにしない程度の行動というところでしょう。
「礼儀」も「節度」も結局は「みんなに対する思いやり」なのだろうと思います。
弐分方小の子供は、本当に立派です。中にはいろいろな問題を抱えている子もありますが、全体で動くときの配慮は、かなり高いレベルまで育っています。
それが私の一番の自慢です。
そして、それこそが社会で生きていく上で、一番大切なことだと思うのです。
そんな立派な終業式を気持ちよく終えることができました。
本当によく育ってくれました。ありがとう子供たち、保護者の皆様、そして教職員たち。
みなさん、よいお年をお迎えください。by校長

5年生、八王子省エネコンテスト 最優秀賞!!

八王子市の省エネコンテストで、5年生の「森里川海〜未来からのメッセージ〜」が
最優秀賞を撮りました。
弐分方小の環境教育は全国に先駆けて、注目を集めています。
学芸会の中で子供たちが社会に向かって未来へ向かって、地球温暖化をとめようという
メッセージと、マイ行動宣言を、MINNMIさんのつくった「マザーアース」という
歌にのせて送ったところが、評価を受けました。
会場には涙ぐむ人もいて、多くの人の心を打ったと思います。
環境教育は、打ち上げ花火ではなく、継続して未来へつなげていかねばならないことです。
持続可能な社会を作るのは、なによりも主体的にそれに取り組む「ひとづくり」が
大事だと本校の特別活動を中心にしている教育が指示を受けたと思っています。
舞台裏に最優秀賞をいただいたご挨拶に行ったら、司会のレインボーズさんと石原直純さんにお会いしました。弐分方小の発表は素晴らしいとお褒めの言葉をいただきました。
2017年最後の活躍でした。
2018年も弐分方小の子供たちの姿の世界発信はまだまだ続きます。by校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

環境大臣賞受賞

画像1 画像1
画像2 画像2
4年生が毎年やっている、ごみ減量課との連携学習「段ボールコンポスト」の
活動が、グッドライフアワードというもっと良い生活を作っていこうという環境省のコンテストで「環境大臣賞」をとりました。
企業やNPOなどの大きな世界につながるような発表の中で、小さな段ボールの中で
地球環境を守れるという取り組みが注目を集めたようです。
発表は4年生の堺さんと黒川さんが見事にプレゼンしてくれました。
港区青山という都心まででかけて、華やかな舞台での大活躍に、校長として鼻が高い思いがしました。
本校では、当たり前のように毎年やっていることですが、実はすごい取り組みだったのだと改めて思いました。

こんどの17日は、八王子環境コンテストに、5年生の「森里川海、未来からのメッセージ」を出しました。最終選考の3つまでに入り、17日の子供たちの発表にかかっています。頑張ってほしいです。オリンパスホールで午後2時からの発表です。

世界にはばたけ、弐分方の子供たち!!by校長

劇団風の子さんの演技指導

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
劇団風の子の演出家、大間先生に来ていただきました。
先日教員が演技指導の研修を行い勉強した時も、本当にプロってすごいって
思いましたが、今回の子供たちへの演技指導のプロフェッショナルぶりには
唖然としました。
たった15分くらいの指導で、全ての学年の劇が、見違えるようになり、
子供たちは生き生きと輝きだします。

演劇は、学芸会のためにだけ行っているのではありません。
日常の学習での発表の場、日々の対話の場において生きてくるのです。
自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを受け止める練習です。
「弐分方の子供は、多くの学校を回っている中でも抜群の子供たちだ」と
お褒めの言葉をいただきました。
心の中では「うふふ、そうなのよ」と思ってしまう校長でした。

子供祭りで、高学年はお化け屋敷などをやりたがるのが普通の学校ですが
弐分方小の子供たちは「ライブハウス」を全クラスでやってしまうほど
演劇をみんなで作って楽しむことができる子供たちなのです。
対話が上手い、相手をしっかりと受け入れる、そんなことがたやすくできる
子供たちなのです。ステキです。      by校長

弐分方小テレビ出演のお知らせ

画像1 画像1
(写真はイメージです)
弐分方小は特別活動を軸に教育活動を行い、子供たちを育てています。
そのおかげで、子供たちは何にでも全力で取り組み、素晴らしい姿を見せてくれます。
時には涙し、時には怒り、心を大きく揺さぶりながら、仲間と共に感動体験をしています。
そんな姿が多くの人の心を打つためか、本校への参観希望者が絶えません。
当然テレビ局も取材させてほしいとやってきます。
今年の運動会は、フジテレビが密着。子供たちの本気の姿を撮っていきました。
それが、放映されます。

日時ch:10月27日(金)午後7時から、フジテレビ(8ch)
番組:坂上忍と大激論 

断っておきますが、校長が坂上忍さんと激論するわけではありません。
本校の様子が取り上げられているということです。
運動会の閉会式で庄司さんが「弐分方小の運動会最高!」といい
「ミキティーーー!」と生で言ってくれたのも、その関係です。

だいたい9時ごろの出演になるそうです。小さい子はもう寝ているかもしれませんね。
夜更かしせずに、録画して見ましょう。
弐分方の子供たちの輝く姿を、全国へ発信しましょう。by校長


運動会の係

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
もうすぐ運動会。
高学年の子供たちは、運営スタッフとしてしっかり働いています。
放送係はアナウンスの練習。未就学児童の係は景品の用意。
審判係は皆が盛り上がる得点発表の練習をしていました。
みんな本気で、とっても楽しそうでした。

係のない校長は、ちょっと淋しい・・・。
仕方がないので校内を見回って
遊んでいる4年の子供たちを追い払う仕事をしました。
誰もいない校舎でこっそり遊ぶのは事件の元です。
私を見るなりまずい思って、明るい声で「こんにちは〜」なんて言ってたけど
結局は遊んでいたので叱られました(笑)。by校長

環境委員会の石拾いイベント

運動会にむけて、環境委員会が「石拾いイベント」を企画しました。
校庭の石拾いは教師が全校朝会などで、拾わせるのですが。環境委員会は休み時間に自主的に取り組んでくれました。縦割り班ごとの競争という工夫もとりいれて、30班分のバケツはないからと、植木鉢にビニルをセットして入れ物をつくり、みんなでワイワイと集めました。
ほんの数分の間に、ほとんどの石が拾われました。休み時間はここまで。この後また集まって今度は班ごとで集めた石の重さを量るようです。環境委員会の委員長が連絡ボードに次の活動の予定を考えて書き込んでいました。どこまでも自分たちで計画して取り組む姿に、さすが弐分方の子供!と感動した校長でした。
他の学校でこの取り組みの話をしたら、「信じられない!」と言われました。
運動会で各係が忙しい中で、委員会も動かしているという、奇跡の子供たちです。by校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

命のつながり、地球のつながり5,6年生

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
命のつながりの授業をしました。
誕生学会会長の大葉ナナコ先生と鎌田安里紗先生に来ていただきました。
お二人とも美しくて、ステキな先生方でした。
一組の精子と卵子が命を生み出すエネルギーをつくり
自分たちがどれほど愛され生まれてきたかを学びました。
同時に、誰もがみな同じ命の尊さを持っているということも学びました。
男でも女でも障害があってもなくても、みんな同じ命です。
鎌田先生からは、地球環境や働く人のことも考えた生き方を
選ぼうという話を、洋服という視点から考えさせてもらいました。
東京都オリンピックやパラリンピックが近づいています。
世界中の人たちの幸せを考える生き方、人間としてどう生きるかを
考える人権の考え方。
とても奥の深い話を、分かりやすく話してもらいました。

午後は保護者向けの性教育のお話でした。勉強になった〜と思いました。
                        BY 校長

読書推進委員会の企画、ビブリオバトル

読書推進委員会の子供たちが、全校対象でビブリオバトル(書評合戦)をしてくれました。これは、自分が楽しいと思った本を推薦して、どれだけたくさんの人が「読んでみたい」と思ったかを競うゲームです。うまく話せればいいというものではありません。
今までも公式戦で優勝した最年少は3歳。「たのしいから読んでくだちゃい」にっこりという感じで、多くの人をひきつけました。
弐分方のビブリオバトルも参加者が多く、3回戦までかかりました。一番多く人気を得た本はチャンプ本と呼ばれます。
さて、どの本が弐分方初代チャンプ本になるのでしょうね。委員会の子供たちが、全校の子供たちのために企画する本を好きになる企画、素晴らしいですね。手際のいい仕切りにも感心しました。BY校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

スポーツテスト

スポーツテストが行われました。毎年本校の運動能力はどんどん伸びて、東京都教育委員会から表彰されています。異年齢で組んで、上の学年が下の学年の記録を付けるなど助け合って進めています。ボランティアの方も来てくださいました。体育館では、幅跳びや、反復横跳び、屈伸などが行われています。
学校あげての取り組みで、人手がいくらあってもたりません。今年はお手伝いの方がいてくれて助かります。
写真はありませんが、私も校庭のソフトボール投げをためしにやってみましたら、なんと10メートル・・・。1年生にとっては校長先生より遠くに投げようねという一つの励みになったようです。それにしても下手すぎですね。一緒に投げた塩見先生は危うく、学校の外まで飛んで行ってしまいそうな勢いでした。カッコいい!これぞ見本という感じです。by校長

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

弐分方クラシック

運動推進委員会が、全校の投げる力を高めるために、キャッチボールクラシックを
奨励していました。弐分方クラシックとして、学年ごとに投げる回数を競うという企画。今日は中休みに低学年を集めていました。明日は中学年らしいです。
ちょっと上を狙うという投げ方のコツを運動推進委員のお兄さんが実践して見せてくれました。実際にやってみると、とれないとれない。投げられない投げられない。
やはり経験が少ないのだと思いました。ということは、たくさん遊べば投げる力は
間違いなくのびるということです。運動推進委員会の子供たちありがとう。
最後は「楽しかった人」という声かけに「はーい」ってたくさんの子供が
答えてくれました。
子供たちだけで集めて、仕切っているのを見て、頼もしいなあとうれしくなりました。
BY校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

最高に面白い児童集会

今日の児童集会は、○×クイズでした。ゲームとしては普通のゲームです。
しかし、弐分方の集会は一味ちがいます。
司会の子供が、いきなりショッカーに襲われるという設定から
子供たちは楽しそうにその様子を見ています。
やられてしまった正義の味方を助けるために、○×クイズをはじめると
夢中になって、どんどん司会者のところに集まってきてしまう
子供たちがかわいくて、笑ってしまいました。
集会委員会の子供たちが、休み時間を削って、朝早く集まって準備をしてくれました。
おかげで、全校の子供たちが朝から楽しく笑いながら、一日をスタートすることが
できました。そして私もその姿を見てとても幸せになりました。ありがとう。by校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年生の交通安全教室

「道路の歩き方」という交通安全の授業です。
高尾警察の方がいらしてくださり、道路の渡り方を
教えてくれました。
実際に通学路を歩いて体験活動です。
右見て、左見て、もう一度右を見て、
右手を高く上げてわたります。
点滅はもうすぐ赤になるという合図、わたってはいけません。
そんな話をしてくれました。
子供たちは一生懸命聞いていました・・・といいたいけれど
歩き出したら、危ない歩き方でちょっと心配。
まっすぐ歩くのはなかなか難しいものです。
普段でも、階段を歩いているだけで、なぜか壁に頭をぶつける子もいます。
保護者の皆様、どうぞ少しの時間でも登下校の見守りをお願いします。
BY校長
画像1 画像1

本校の授業が教材になる

特別活動の中の学級活動(2)の授業「ともだちと仲良くしよう大作戦」が大学生の教材になります。
映像会社と大学の人が授業を撮りに来ました。
佐藤先生は学級活動(2)が日本一上手な先生です。(私が思うに)
子供たちは生き生きと発言して、いろいろな工夫を話していて、
佐藤先生がそれをわかりやすく整理していました。
子供たちは、自分で頑張ることをきめて、文字に表わしています。
話すこと、聞くこと、書くこと、読むこと
特別活動の中の学級活動(2)は、生き方教育だけでなく
しっかりと、学力にもつながっている教育活動です。by校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

全校遠足で深い学び

5月1日の全校遠足は最高でした。
たてわり班できちんと並んで、出発式。担当の高梨先生から、一人一人がきちんとめあてをもって参加しているから、帰ってきたときどんな自分になっているか想像してごらんという声かけがありました。子供たちがちょっと考えているのを見た時に、なんて素直な子供たちだろうと感激。
楽しそうに手をつないで約30分の道を歩き、ついたら早速遊ぶ遊ぶ。学年を超えてもとても上手に遊んでいてまた感激。「子供の仕事は遊ぶことだ」と実感しました。
弐分方キャッチボールクラシックも盛り上がりました。最高チームは40回。頑張りました。4年生がキャッチボールクラシックのリーダーとして、悪者やレンジャーが登場しながらルールを教えてくれるなど楽しい企画もいっぱいでした。
グループで楽しそうにお弁当を食べ、また遊ぶ遊ぶ。子供たちは本当に元気です。
さすがに帰りの道のりは疲れを見せる子もいましたが、帰ってきてからの振り返りが素晴らしい。自分の頑張り、友達の頑張り、リーダーの頑張り、たくさんの子が発言していました。
本気で計画して、本気で遊んだから、本気の振り返りができる。そして確かな深い学びがそこにはありました。体と頭と心を使い切った一日です。最高の子供たちです。by校長

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

離任式

画像1 画像1
画像2 画像2
今日は離任式でした。
要務主事の峰尾さんと、給食主事の坂田さんはお仕事が抜けられず欠席でしたが
山北副校長、佐生先生、橋場先生がいらしてくださいました。
こんなに頼もしい3人の教員がいた昨年度が、充実していたのは当然です。
そして、彼らが作った弐分方小は今年も健在です。
子供たちは、体育館でしっかり話を聞き、歌を歌い、涙する子もいましたが
校長は頑張って泣かないようにしました。
それぞれの方が新しいところで活躍してくれることを祈ると同時に
彼らの抜けた大きな穴を、育った子供たちが埋めてくれていることに感謝した
日でした。by校長

委員会 紹介 集会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
子供たちの生活は高学年の委員会活動で支えられています。
今日はそれぞれの委員会がどんな仕事をしているのか、全校児童に紹介をしました。
8委員会あるので、持ち時間はなんと1分!そのタイトな中で、実に手際よく
わかりやすく、かつ楽しく委員会を紹介する子供たちの能力に驚かされます。
会場の子供たちも一生懸命聞いていました。
具体的な説明をしたり、劇あり、クイズありと工夫が見られました。
なによりも、どの委員会も、マイクを使わなくても十分聞こえる大きな声が
出ることに感動です。
しっかり聞いてくれる仲間がいるから、安心して声が出るのです。
弐分方小の最高にいいところだと思います。
委員会は、その委員会を通してどんながっこうにしていきたいかという
明確な目標をもって取り組んでいます。最高の5,6年生です。by校長

弐分方のキャッチボールクラシック

昨年度から、プロ野球選手会と連携して取り組んでいる「キャッチボールクラシック」を今度は異年齢でやってみることにしました。4年生と6年生は経験がありますが、ほかの学年は初めて。簡単にルールを覚えて実際にやっています。
今回は30チーム中、2分間で40回を超えたのはわずか2チームでした。
昨年度の全国大会では小学生の最高は115回だそうです。もちろん地域の野球チームに入っている高学年の子供たちだけでやっている記録です。
本校は、ボールを投げられない1年生もいれての取り組み、115回を目指すよりも、自分たちのチームの向上を目指すことで、チームのまとまりをつくったり、思いやりを育てたりすることを重視しています。
おわってみて、子供たちの振り返りを聞いたところ
仲間の取りやすいボールを投げる、声を出して数える。失敗しても励ましあうなど子供たちの工夫も見られました。
次は5月2日の全校遠足で、また縦割り班対抗「弐分方キャッチボールクラシック」大会をしますから、どの班も成長してほしいものです。
これから、八王子で流行ってくるはず、本校が八王子で最初に取り入れている学校です。どうぞ、家庭でも練習して投げる力を育ててください。BY校長
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

段ボールコンポスト始まりました!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今朝、8時前には地域の方と、市のごみ減量課の方がいらして子供たちを待っていました。4年生は家から生ごみをもってきて、段ボールコンポストへ入れ始めます。
これから毎日、重さを量り、温度を測り、生ごみが分解されて、質のいい肥料になっていく姿を勉強します。
どんなものを入れると温度が上がるのかとか、たくさん入れても分量が増えないのはどうしてかとか、不思議なことがたくさんあります。
そして、出来上がった肥料は学校農園でおいしい大根に生まれ変わります。今年は市制100周年でもありますから、花の街八王子をつくる肥料としても提供します。
頑張れ4年生。弐分方小の代表です。BY校長

自分たちのクラブ活動開始!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
4月25日(火)にクラブ活動がありました。第一回目は全員でのオリエンテーションでしたから、第二回目が自分たちのクラブ活動の初回です。クラブ活動は同じ趣味のある子供たちが自分たちの好きな活動を計画して実行して、発表していく力を付ける活動です。異年齢の子供たちが人間関係をつくって、共に楽しむサークル活動です。将来は人生を豊かにすることにつながるでしょう。
どんなクラブにしたいかという各自の願いのキーワードを出し合い、まとめて各クラブのねらいが出来上がりました。
6年生が中心になって進めているところもさすがです。
クラブを作るところから子供の主体性を大事にしている弐分方小のクラブは、子供にとって最高に楽しい時間だそうです。一年間しっかり楽しんでね。BY校長
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

授業改善推進プラン

学校評価

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

6年学年だより

月間行事予定表

いじめ基本方針

学力向上・学習状況改善計画