10月1日(火)の給食

画像1 画像1
【こんだて】
・さとやまごはん
・ゆうやけこやけやき
・けんちんじる
・あさづけ
・ぎゅうにゅう

今日は、八王子の歴史や文化を感じられる献立です。
童謡「夕焼小焼」の詩をかいた中村雨紅(なかむら うこう)先生は、八王子市上恩方町出身です。夕暮れ時に八王子駅から、ふる里の恩方に帰りながらこの詩を作ったと言われています。

「里山ごはん」は、恩方の秋の里山をイメージしています。
「夕焼小焼やき」は、にんじんを混ぜて作ったオレンジ色のソースを、夕焼けに見立てています。
汁物は、「や〜まのお寺の鐘がなる〜」という歌詞にちなみ、お寺の精進料理のひとつである「けんちん汁」を作りました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31