校長あいさつ

校長 山村 晃一

本校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。平成31年(2019年)度の山田小学校の教育活動が始まりました。
 本校は、八王子市の中央部に位置し、閑静な住宅地にある落ち着いた校風の学校です。校内には様々な木々が植えられ、四季折々に美しい花を咲かせています。シンボルツリーは「シデコブシ」です。春になると薄い桃色の花をたくさん咲かせます。周囲を豊かな自然に恵まれた環境にあります。
 本校は、昭和51年に、市立第七小学校、散田小学校より分かれて開校し、今日に至っています。今年、開校44周年を迎え、地域のシンボルとして着実に歴史を重ねてきています。開校時には、地域の皆様に多大なるご協力、ご尽力をいただきました。このことが今も保護者や地域の方々に受け継がれ、学校を支えていただいています。そして、こうした地域の中で本校の子どもたちは、すくすくと心豊かに育っています。
 今年度の本校の教育目標は、次の3つです。
【進んで学び合う子ども】 自主的・意欲的に学び合い、考え判断して、実践できる子ども
【思いやりのある子ども】 自分を大切にし、みんなを大切にできる子ども
【たくましく生きる子ども】 強い意志とじょうぶな体をもち、進んで行動できる子ども
 本校では、こうした子どもの姿をめざし、育てていきます。すべての教職員が、子どもたち一人一人の理解に努め、様々な思いに寄り添い、子どものもつ限りない可能性を引き出すべく、「チームやまた」として一丸となって全力を尽くしてまいります。
 今後も、本校の教育活動の充実へ向けて、どうかご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
 ところで、本校は「やまだ」ではなく、「やまた」と発音します。江戸時代のころ、このあたりは「谷股」と書いて「やまた」と呼ばれていたそうです。おそらく二つの川の流れが合流し、谷が股のように見えたのでしょう。その後、「山田」の漢字になり、「山田駅」は「やまだ」と発音しますが、学校はなぜか「やまた」となったようです。