本校の教育目標

役に立つ喜びを知る子
 ○ かしこい子
 ○ やさしい子
 ○ げんきな子

学校の教育目標を達成するための基本方針

生命及び人権尊重の精神に満ちた、心豊かでたくましく生きる心身共に健康な児童の育成を目指し、次の児童像を掲げてその育成を図る。

  1. よく考える賢い子を育成するために、確かな学力を定着させる
    ・習熟度別指導等の少人数指導、ティーム・ティーチングなど個に応じた指導を通して、基礎的・基本的な知識・技能を確実に定着させ、子供一人一人の考える力を伸ばす。
    ・学力調査等の結果を分析し、課題を明確にし、教師の授業改善及び補充学習、家庭学習の習慣化を通して児童の学力の定着を図る。
  2. 他者の役に立つ喜びを知る心豊かで優しい子供を育成するために、学校の教育活動全体を通して生命の尊さを伝え、互いに認め合い支え合い励まし合う気持ちを培う
    ・自己の生き方についての考えを深め、基本的な生活習慣を身に付け、規範意識を高めるとともに、異学年交流等を通して望ましい人間関係を築く力を育み、生命の大切さを理解させる。
    ・家庭や地域との連携を図りながら、集団宿泊活動やボランティア活動、自然体験活動等を通して、道徳性や環境保全に対する意識を身に付けさせるとともに、地域を愛し、伝統と文化を尊重する心も育てる。
  3. 心身ともに健康で元気な子供を育成するために、健康の保持増進を図り、食育を推進する
    ・健康・安全についての理解を通して、運動に親しむ資質や能力の基礎及び自らすすんで体力の向上を目指す態度と能力を育成する。
    ・食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けられるようにする。
  4. 地域との連携を推進し、協力体制を強化する
    ・学校運営協議会を機能的に運営し、教育活動の計画や実施の場面で、地域の人材を積極的に活用する。
    ・地域・保護者との連携により、災害時の避難体制を確立するとともに、児童自身の防災に対する意識を高める。また、安心・安全な子供の居場所づくりを行う。
  5. 小中一貫教育を推進する
    ・元八王子小・元八王子中と児童・生徒の発達段階に応じた指導の在り方や現状を共有化し、異校種間の円滑な接続を意識した9年間を見通した教育活動を推進する。「自ら学び未来を切り開く子」「社会のルールを守る子」「地域との関わりを大切にする子」の育成を目指す。
  6. 校内研究を推進する
    ・昨年度まで八王子市教育委員会研究指定校として「自己をみつめ、友と考え、たくましく実践する子の育成」を主題に取り組んだ校内研究の成果を生かし、特別活動の指導法を踏まえた教科学習指導方法を研究する。学力の向上を最終目標に、一人一人が主体的に教科学習に取り組める汎用的な能力を育成していく。