校長あいさつ


 令和2年度は、新一年生56名を迎え、全児童533名、16学級のスタートとなりました。3月2日から臨時休校でしたが、本日、子供達は元気に始業式に参加することができました。入学式では、新一年生はとても姿勢がよく、お話もしっかり聞くことができました。新型コロナウィルス感染拡大の状況下でも、令和2年度のいいスタートが切れたことを大変うれしく思います。このような困難な時こそ、私達教職員は、子供達がが健康で安心して学校生活を送ることができるよう、尚一層、力を尽くして参りますので、よろしくお願いいたします。

めざす学校像
『教師が夢を語り、児童が夢をもつことができる学校』
 (1) 児童に「わかった!」「できた!」を実感させ、自尊感情を育む学校
 (2) 教職員が楽しく働ける学校
 (3) 地域の核になる学校

 (1) どんな困難も乗り越え、夢を実現させられるよう『生きる力』を身に付けさせる。
 (2) 教師が互いに高め合い、仕事をすることが楽しいと思える環境を創造する。
 (3) 地域の人的・物的資源を活用することにより、自ら課題を見出し解決する力、他人と協働し、他人を思いやる心や感動する心を育てる。また、学校から地域へ発信し、学校が地域の核となる。

令和2年4月6日  校長  伊藤 祐子