メール配信の登録をお願いします。

実習2日目2


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

実習2日目スタートです。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2日目宿舎朝食。

2日目が始まりました。

食事係がスタンバイしています。

今朝はパン食です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1日目宿舎4

「キャベツムキムキゲーム」、先生たちには過酷なゲームでした。

生徒たちは1回ですが、先生たちは4回戦。

ゲーム終了後、精根尽き果てた先生たちはしばらく動くことができませんでした。

いかんせん、面白さを静止画で伝えるには限界があります。

保護者会でビデオ上映の予定です。是非ご覧ください。
画像1 画像1
画像2 画像2

1日目宿舎3

夕食後、ミーティングルームでレクリエーションが行われました。

レク係の企画・進行が上手に行われ大いに盛り上がりました。

画像中段と下段は「キャベツムキムキゲーム」というもので、各クラスの男女が別々にかたまり先生たちの引き剥がし(ムキムキ)を阻止。
先生たちは、1分以内に床に置かれたロープの外側に生徒を何人連れ出せるかです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1日目宿舎2

1日目夕食のメニューです。

勿論、消毒は欠かせません。


いただきます!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1日目宿舎。

実習終了後、宿舎に戻り入浴です。残念ながら画像は載せられません。

入浴後は夕食です。食事係が黙々と配膳を行っています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

実習1日目の講習が終了します。

やはり時間が経つのは速いです。
画像1 画像1
画像2 画像2

実習1日目は、少しずつ。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

実習1日目は、2時間の講習です。

初心者にとって、この2時間はスキー板に馴れるだけであっという間でもあり、楽しさよりももどかしさが先立つ時間かも知れません。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

実習班のレベルが上がるにつれて、少しずつゲレンデの上にあがって行きます。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

スキー実習1日目班ごと分かれます。

開校式終了後、班ごとに分かれ、インストラクターの先生から ゼッケンを渡されます。いよいよ実習の始まりです。

天候は快晴。雪は少なめです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

開校式後、講習開始です。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 

スキー教室 出発式

画像1 画像1
 

青少対スポーツフェスタ&音楽会が行われました。

 11月23日(土)、青少対スポーツフェスタ&音楽会が開催されました。1000名を超える参加者が、楢原中学校の校庭・体育館で恒例の秋ならではの行事を堪能しました。
 
 楢原中学校からは100名を超える中学生が大活躍。小学生を中心とした子どもたちを優しくしっかりと面倒をみていました。日頃お世話になっている地域への貢献ができた1日でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「東京教師道場」研究授業

 11月20日(火)、2年1組で担任の菊池幸治教諭による研究授業が行われました。

 この日の授業は、菊池教諭が「東京教師道場」(道徳班)部員として行った研究授業です。

 主題を「弱さを克服する強さ」D[よりよく生きる]とし「ネパールのビール」を教材に、人がもつ心の弱さや醜さと誠実さや気高さについて生徒一人一人が深く考える場面の多い授業でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

睡眠講座2

 3歳児以下の睡眠不足は、統計的に高校生になるまで改善されることなく続くようです。

 慢性的な睡眠不足となっている際の特徴としては、「日中、特に午前中に眠気を感じること」だそうです。スマートフォンなどの通信機器は寝室への持ち込みが可能なため、眠る直前まで使用し、睡眠を妨げる大きな要因のようです。

 慢性的な睡眠不足は、「美容健康に悪い+太りやすい」「老化が進みやすい」「脳の働きが悪くなる」として表れるとのこと。


 「筋弛緩法」:心と体をリラックスさせるため、5秒間全身に力を入れる。5秒経過したら一気に力を抜き、10秒間、力が抜けた感覚を感じる。

 筋弛緩法に合わせて、以下の5つのうち2つを2週間行うことで、睡眠不足の防止、解消を得ることができるそうです。
 1 毎朝、決まった時間に起きる。
 2 毎朝、朝食を摂(と)る。
 3 昼間、居眠り(仮眠)をしない。
 4 23時までに布団に入る。
 5 寝る前にスマートフォンなどの通信機器を使用しない。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

睡眠講座

 11月16日(金)、公益財団法人 神経研究所 睡眠健康推進機構による学校訪問型睡眠講座が行われました。

 本校の学校保健委員会主催で帝京大学文学部心理学科 中島俊先生を講師にお招きし全校生徒を対象に実施されました。

 中島先生から、はじめに男性の画像(左右)を見てどちらがイケメンに見えるか、という質問がありました。

 挙手による生徒の割合は、左右どちらかが多いかの極端な違いはありませんでした。

 右側が睡眠不足時の画像であるという、先生の説明がありました。

 【睡眠不足】は、「下がった目じり」「腫れぼったい目」「眼の周りのクマ」「しわ」「垂れ下がった口元」「肌の見た目」に表れるのことでした。

 そもそも日本人は、諸外国に比べて3歳以下の乳幼児から睡眠時間が短い傾向なのだそうです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7組調理実習3

 (再び、7組学級通信から)

 材料を分け、米を研いで炊飯器にセットし、調理開始。

 迷いなく野菜を切っていく人、切り方に悩む人、
 
 火力がうまく調節できなくて焦がしてしまう人、

 手際よく片付けながら作る人、等々…12時を過ぎる頃には

 カレーの良い香りが漂い始め。

 12時45分、ようやく「いただきます」。

 みんな満足そうな顔でパクパク食べていて、ほとんどの人が完食。

 同じ班は同じ材料・同じカレールーを使っているのに、

 一人一人味が全く違うのが不思議。

 みんなで美味しいひとときを過ごしました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7組調理実習2

 いよいよ調理開始です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

教育計画

授業改善プラン

楢原中だより

諸通知

PTAだより

行事予定