子供たちの様子をどうぞご覧ください。

5月21日の献立

画像1 画像1
桑都御膳(そうとごぜん)
☆かてめし
☆桑都揚げ
☆野菜のおひたし
☆絹のお吸い物

今日は八王子にちなんだ献立です。

かてめしのかては、まぜるという意味です。
 昔、お米はとても大切な食べ物で、たくさん食べられませんでした。そこで、野菜などをごはんとまぜて、量を増やしたのが始まりです。

桑都揚げ
八王子は昔「桑の都」と呼ばれ、絹織物産業 ・養蚕業(蚕を育てて繭を取ること)がとても盛んでした。給食では、笹かまぼこに、桑の葉粉を混ぜた衣をつけて、油で揚げました。

絹のお吸い物
八王子から横浜港へ、大量の生糸(繭からとったまま、加工していない糸)を運ぶときに使われたのが「絹の道」でした。給食では、絹パウダーの入った団子を「繭」、そうめんを「絹糸」にみたてた汁です。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

学校だより

年間行事予定表

校長室より

教育課程

保健室より

学力向上・学習状況改善計画

生活指導

学校からのお知らせ