4月23日(月曜日)の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
【こんだて】
・もぶりごはん
・いわしのからあげ
・わかめとツナのレモンあえ
・みそしる
・くだもの(ネーブルオレンジ)

今日は、毎月1回実施している〈なごみ献立〉の日で、広島県の郷土料理を作りました。

『もぶりごはん』
「もぶる」とは、「まぜる」という意味の広島弁です。
瀬戸内海で獲れる魚介類と、季節の野菜などを取り合わせて甘辛く煮て、その煮汁ごとご飯に混ぜた料理です。

『いわしのからあげ』
広島県で一番たくさん獲れる魚が、カタクチイワシです。成長しても10cmほどの大きさで、広島では小イワシと呼ばれています。
今日は、カタクチイワシではなくマイワシの切り身をから揚げにしました。

『わかめとツナのレモンあえ』
瀬戸内海に面する瀬戸内の、雨が少なく暖かい気候が、レモン栽培にぴったりなので、広島県はレモンの生産量が全国1位!
今日の給食にも、広島県のレモンを使いました。

郷土料理を大切に、おいしく食べましょう。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31