八王子産の新米が給食に登場(令和元年11月22日)

 11月22日(金)に市内の小・中学校や幼稚園・保育園の給食に、八王子産の新米のごはんが登場しました。本市では、子どもたちが地元のおいしいごはんを食べることで、地産地消のよさを実感し、郷土愛や生産者への感謝の心を育もうと、毎年「八王子産の白いごはんを食べる日」を設定しています。今年度は高月町や元八王子町などの12の農家が生産した新米6,350キログラムが給食に提供されました。
 松枝小学校では、本市の稲作について話を聴いたあと、炊き立ての新米のごはんをいただきました。子どもたちは「ごはんがいつもより甘くて、おかずと相性がバッチリ」などと話し、新米の味を堪能しました。

最新の学校フォトニュース(八王子市ホームページ)


画像1 画像1 画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
-->