第3回中学生サミットを開催(平成30年8月3日)

 8月3日、教育センターで市立中学校37校の代表の生徒が参加して「中学生サミット」を開催しました。「中学生サミット」は、自分たちの生活を取り巻く課題を主体的に解決しようとする態度を養うことなどをねらいとして毎年開催しています。3回目となる今回のテーマは「地域の一員として、地域にどのように役に立つことができるか」。自校の取組、今後行う取組の成果や意味について議論を深めました。生徒からは「みんなが積極的に地域行事に参加するために活動終了後にイベントがあった方がよい」や「そもそも生徒会役員が参加していないから、他の生徒も参加しないのではないか」などといった意見が飛び交いました。
 最後に、生徒たちが「広げようクリーン活動 自分たちの未来づくり〜『もう八王子、拾えるゴミはありません。』〜」という提言を発表。この提言は多くの中学校で取り組んでいるクリーン活動を発展させ、さらに地域に貢献していこうという思いを込めて決めました。
 参加した生徒は「地域の一員として自覚を持ち、まちをきれいにしていかなければならない。この思いを後輩たちにも伝えていきたい」と話していました。

画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
-->