恩方第二小学校

校歌

中村雨紅(なかむら うこう) 詩人 本名:高井宮吉(たかい みやきち)

明治三十年、恩方村(現在の上恩方町)にて宮尾神社神主の子として生まれる。 野口雨情を師とする。 東京府青山師範学校(現在の東京学芸大学)を卒業後、都内で教鞭をとる。 当時雨紅は都内日暮里の尋常小学校の教師をしており、恩方村から八王子駅まで16kmの距離を、行きも帰りも毎日歩いていた。交通手段の未発達な当時ならではの長い道のりである。 この恩方村の実家(宮尾神社境内)への帰り道に見た、夕暮れの情景を詩にした「夕焼小焼」(草川信作曲)は、 今でも広く歌い継がれている。 昭和元年、神奈川県厚木実科高等女学校 (現在の厚木東高等学校)教諭となり、 その後厚木に居を移し、 昭和四十七年、七十五歳で亡くなる。 故郷の恩方には、雨紅をしのぶ人々によって、 「夕焼小焼」の碑や鐘楼がいくつも建てられている。

中村雨紅

作詞 中村雨紅 作曲 権藤圓立

山は緑に水はすみ 醍醐の流れ案下川
上恩方のよい里に 陣場の峰を仰ぐ窓
真面目に学ぶわれらこそ 希望に燃えるわれらこそ
明日の文化をつくるもの 明日の平和を築くもの
ああ栄えある恩方第二小学校 ああ栄えある恩方第二小学校
『夕焼け小焼け』楽譜 『夕焼け小焼け』の歌碑

(一) 夕焼小焼で 日が暮れて
   山のお寺の 鐘がなる
   お手々つないで みな帰ろう
   烏と一緒に 帰りましょう
(二) 子供が帰った 後からは
   まるい大きな お月さま
   小鳥が夢を 見るころは
   空にはきらきら 金の星
恩方第二小学校の校歌は、本校の卒業生でもある中村雨紅さんが作詞されました。

校章

校章