学校長挨拶
小川賀世子校長2018
弐分方小学校長   小川 賀世子

「地域の風が行き交う学校」
 本校はコミュニティスクールです。ご家庭で大切に育てられている子供たち。この子供たちは地域の宝でもあります。弐分方小学校は、地域や保護者の皆様と手を取り合い共に子供を育てる場として、学校を開いています。
 未来を築く子供たちを、協力して育てていきましょう。 そして、子供たちを育てることで、私たち大人も成長していきましょう。
 皆様の、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


本校の教育目標は「役に立つ喜びを知る子」
 まずは、「自分を大切にし、自分の良さに気付く」「自分を好きになる」ことが第一歩です。
 そしてさらに、「他の人のために自分に何ができるかを真剣に考えて実践する」「みんなの喜びを自分の喜びにできる」そんな子供たちに育てていきます。
 しっかり学び、自分自身の良さを十分に伸ばし、意見を重ねあってみんなと協力しながら、「自らの生活をよりよいものにつくり上げていく」という力を身に付けさせています。その力はいずれ地域や社会を担う大人として活躍するための基礎・基本となります。
 本校では、地域の皆さんに支えられながら、昨年度まで校内研究で取り組んできた「特別活動」を軸に、教育活動を行っています。


今年は「創立40周年」
 弐分方小学校は、今年度が創立40周年です。2回目の成人式を迎えることになります。
 学校の歴史を振り返りながら、さらに地域や学校を大切に思う気持ちを育てていきたいと思います。


 平成30年度は、1年生50名を迎え、児童数398名でスタートしました。
 校長、副校長はじめ10名の教職員が新たに「弐分方の仲間」となりました。地域とともに学び、成長していきたいと思っています。
 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。