沿革

明治14   東明治小学校を諏訪宿長高円寺に、西明治小学校を弐分方神戸におく。
明治23   東西明治小学校の学区を変更し南北に分け、北部は諏訪宿東部に明治学校を、南部は慈根寺明倫山の西部に明倫学校をおく。
明治41   現在地に元八王子村立元八王子高等小学校創立開校。
明治43.4   三校を合併し元八王子村立元八王子尋常高等小学校創立。一村一校となる。開校記念日を5月12日とする。
昭和16.4   国民学校令により元八王子国民学校と改称。
昭和20.8   午前1時頃、空襲により校舎の大部分を焼失、分散授業。
昭和22.4   学制改革により元八王子小村立元八王子小学校と改称。
昭和24.3   元八王子中学校現在地に完成移転により、中学校にて使用の校地を引き続き使用。
昭和30.4   八王子市に合併編入、八王子市立元八王子小学校と改称。
昭和35.5   創立50周年式典を挙げる。
昭和46.4   市立元八王子東小学校新設により児童582名を送る。
昭和49.4   市立上壱分方小学校新設により児童500名を送る。
昭和51.4   市立城山小学校新設により児童435名を送る。
昭和54.4   市立弐分方小学校新設により児童566名を送る。
昭和55.4   市立横川小学校新設により児童168名を元八王子東小学校と横川小学校へ送る。
平成12   創立90周年式典 タイムカプセル 耐震工事。
平成14   パソコン室完成。
平成17   創立95周年 八王子市教育委員会研究協力校発表。
平成18   パソコン室エアコン設置。
平成20   八王子市教育委員会小中一貫教育モデル推進校。八王子市教育委員会研究協力校。
平成21   八王子市教育委員会研究協力校発表。