本校の教育目標

人権尊重の精神を育成し、人間性の豊かな未来社会の形成者となることを目指して、次の具体的目標を定め、自ら学び考え学習する児童の育成とともに、生命の尊重を理解し、偏見や差別をなくすための教育を推進する。

  • 心身ともに健康で、知性と感性に富んだ人間の育成
  • 確かな規範意識と人類愛に裏付けられた思いやりあふれる社会人の育成
  • 我が国及び世界の平和を願い、人類の福祉に貢献することのできる社会人の育成

その実現を目指し、次の目標を設定する。

○ 学んで伸びる子
○ 強く優しい子
○ 健康に過ごす子



学校の教育目標を達成するための基本方針

ア「学んで伸びる子」を育成するために

  1. 学習規律を大切にし、次の5点を重視した授業を展開する。

    ・ 授業に向かう姿勢作りを大切にし、互いの良さを発揮し合いながら児童が自ら進んで取り組む問題解決型学習・体験学習を工夫し、積極的に実践す
      る。
    ・ 地域の人材、外部講師を積極的に活用した体験的な活動や児童相互の学び合いを大切にし、獲得した知識・理解・技能を活用する態度を培うととも
      に、応用力を高める授業をする。
    ・ 自らの考えを相手に「伝える力」をつけていくように、言語環境を整え、学校教育全般を通して言語活動を充実させる。
    ・ モジュールの時間の有効活用を図りながら、より効果的な授業展開を目指し、知識・理解・技能を着実に獲得できる授業作りを目指す。
    ・ 組織を生かした校内の研究活動の活性化とともに、必要に応じた個別支援計画を活用して、児童一人一人の確かな伸びを実現する授業を展開す
      る。
  2. 環境・福祉に関する実践的な取り組みを展開し、それらに対する意識を高め、自然や社会によりよく働きかける児童を育成する。
  3. 近隣小・中学校との授業連携を推進し、中学校進学に向けての指導上の円滑な接続と9年間を見通した教育活動を推進する。

イ「強く優しい子」を育成するために

  1. 教師自身が人権意識を高め、一人一人の児童に思いやりをもって接する。その教師自身の姿及 び教師としての適切な働きかけを通して、思いやりの大切さに気付かせる。
  2. 多くの人々との交流を大切にし、強い心で互いを認め合うすばらしさに気付かせるとともに、 身の回りの人々によりよく働きかける機会を提供していく。
  3. 集団における協働の活動を大切にし、個々の児童が自己の役割を自覚した活動体験を積み重ね て、互いを尊重し合い、互いに高め合いながら自ら行動できる児童を育成する。

ウ「健康に過ごす子」を育成するために

  1. 健康・安全に関する教育を推進し、健康に過ごすための生活改善を行ったり、互いのことを思 いやりながら安全に過ごしたりできるようにする。
  2. 食に関する基礎的な内容の定着を図り、健康な食生活を営もうとする意欲と態度を育成する。
  3. 基礎体力を培う継続的な運動に取り組み、体力の向上を目指すとともに、生涯体育の基礎を培う。

エ 学校教育目標の達成に向けてのその他の事項

  1. 小中一貫教育を推進し、系統的な一貫性のある指導実践の積み重ねを重視するとともに、取り組みに関する保護者・地域への積極的な情報発信を行って、小中一貫教育に対する理解を深める。
  2. 真摯な姿勢で家庭・地域社会の声を聞くとともに、学校からも積極的な発信を行い、相互理解 を深めて児童の学力向上、生活力向上、健全育成に役立てる。
  3. 学校評価を充実し、開かれた学校づくりの一層の推進と学校の活性化を図る。